1. トップページ
  2. 帝王切開とは?
  3. 緊急帝王切開が行われる主なケース

帝王切開とは?

近年増加傾向の「帝王切開」の現状と「帝王切開」になるケースのご紹介

緊急帝王切開が行われる主なケース

帝王切開は、ここに記した病気以外でも様々な理由で実施されます。
特に、母体または胎児に危険が迫る状況の時は、緊急の帝王切開が必要となります。 妊娠中の検査などでローリスク(リスクが低い)と判定された妊婦さんでも、 分娩が始まってから緊急帝王切開が必要となるケースは2%くらいあります。

胎児機能不全(胎児仮死)

たいじきのうふぜん(たいじかし)

分娩中にときどき起こる合併症で、多くは臍帯(さいたい:へその緒)が圧迫されたり、胎盤機能の低下などにより赤ちゃんが十分に酸素を受け取れないことが原因で起こります。 そのため、すぐに赤ちゃんを取り出す必要があります。

胎児機能不全(胎児仮死)についてさらに詳しくはこちら

常位胎盤早期剥離

じょういたいばんそうき はくり

赤ちゃんの出生前に胎盤が剥がれることで、子宮内に大量の出血が起こり、危険な状態になることから、すぐに赤ちゃんを取り出す必要があります。

常位胎盤早期剥離についてさらに詳しくはこちら

妊娠高血圧症候群

にんしんこうけつあつしょうこうぐん

いわゆる妊娠中毒症といわれるものです。妊娠20週目以降から分娩後12週までの間に、高血圧あるいは高血圧に尿タンパクを伴う状態をいいます。

妊娠高血圧症候群についてさらに詳しくはこちら

微弱陣痛

びじゃくじんつう

子宮の収縮力が弱い、陣痛の持続時間が短い、陣痛の間隔が長いなどの状態が続くとお母さんが疲れてしまいます。 陣痛促進剤で陣痛を強くしますが、それも有効でなく自然分娩ができない場合があります。
微弱陣痛についてさらに詳しくはこちら

微弱陣痛

遷延分娩

せんえんぶんべん

子宮口が硬いため十分開かずにお産が長引く状態です。この様なケースでは帝王切開に切り替えることもあります。

回旋異常

かいせんいじょう

出産の時、赤ちゃんは産道(赤ちゃんの通り道)の形に合わせて、頭を回しながら(回旋)下りてきますが、この回旋がうまくいかないことがあります。