1. トップページ
  2. 帝王切開による出産
  3. 帝王切開後から退院まで

帝王切開による出産

帝王切開後から退院までについて知っておきましょう。

帝王切開後から退院まで

帝王切開後1〜2日目

  • 回復の様子を見ながら過ごします。ガスが自然に排出することを確認します。
  • 傷の痛みと後陣痛が続き、悪露(おろ)(胎盤が剥がれたあとの血液や、分娩による産道の傷の分泌物など)が出ます。
  • 経過が順調であれば、帝王切開後2日前後で点滴が外されます。
  • 血栓症を予防するためにも、帝王切開後の経過に問題がない場合には、翌日に膀胱カテーテルを抜いて、早めに歩いてトイレに行くようにしましょう。
  • 食事は重湯やおかゆから普通食と進んでいきます。

帝王切開後3〜5日目

  • 食事は普通食となり、経腟分娩のお母さんと変わらない生活ができるようになります。
  • 授乳や赤ちゃんの世話なども介助してもらいながら練習します。
  • おなかの傷の糸やステープラーなどもシールドしてシャワーを浴びることができます。

帝王切開後6日目〜退院

  • 退院に向けて、沐浴の練習や退院指導を受けます。
  • 前日の診察で異常がなければ、帝王切開後7〜10日で退院となります。
「出産後のお話」へ

※ 病院によって帝王切開の方法や入院中のスケジュールは異なります。