1. トップページ
  2. 帝王切開による出産
  3. 手術

帝王切開による出産

手術について知っておきましょう。

手術

1.麻酔(硬膜外麻酔、腰椎麻酔)をします。

手術台の上で横向きになり、海老のように体を丸めた姿勢で腰に麻酔薬を注入します。

1.麻酔(硬膜外麻酔、腰椎麻酔)をします。

2.下腹部の皮膚を切開します。

下腹部の皮膚を縦か横に切開します。緊急な場合は縦に切ります。

2.下腹部の皮膚を切開します。

3.赤ちゃんをとりだします。

子宮の下部を横に切開し(状況によっては子宮体部を縦切開)、卵膜を破ると赤ちゃんが娩出されます。ついで胎盤を取り出してお産は終了します。
上半身は麻酔が効いていませんので、手術中に赤ちゃんの産声を聞いたり、感激の対面をすることもあります。

3.赤ちゃんをとりだします。

4.子宮を縫い合わせ、お腹の傷を縫合します。

  • 子宮は吸収糸(溶ける糸)で縫い合わせ、止血を確認したあと、ヒアルロン酸でできた癒着防止材で子宮の傷をカバーして癒着を防ぐ処置をすることが増えています。
  • お腹の傷を縫い合わせ、皮膚は糸やステープラーなどで止め、シールでカバーして手術は終了です。
  • 一般に手術は30分から1時間で終了します。

− 癒着ってなに? −
手術のあとにおなかを縫って閉じると、本当はくっついて欲しくない組織どうしがくっつくことがあり、「癒着」といわれます。特に症状が無ければ心配する必要はありませんが、最近では癒着を予防するために様々な処置が行われています。

5.回復室に移動し、経過をチェックします。

手術終了後数時間で麻酔の効果が弱くなり、傷の痛みに加えて子宮が収縮する後陣痛の痛みを感じます。痛みは我慢せずに伝えて、痛み止めの処置をしてもらいましょう。お母さんが落ち着いてから、あらためてゆっくりと赤ちゃんと面会できます。

手術後から退院まで

※ 病院によって手術の方法や入院中のスケジュールは異なります。