1. トップページ
  2. 帝王切開Q&A
  3. 手術について

帝王切開Q&A

帝王切開に関する質問で多いものにお答えいたします。

手術について

帝王切開に危険はない?

医療技術の進歩により、帝王切開もより安全に行なわれるようになりました。 しかし、「手術」には変わりありませんので、術後合併症として再出血(縫合不全)、感染、血栓症(肺塞栓症)、術後癒着(腸閉塞)、麻酔に伴う合併症などがあります。 しかし、それぞれの危険性をきちんと認識し、適切に対応することによって危険を回避することは不可能ではありません。

血栓症

肺塞栓症(血栓、羊水、脂肪などによる)がとくに重要です。 血栓症のリスクを高めるものに腹部手術と妊娠があり、妊娠中はもともと血栓ができやすい状態なのです。 弾性ストッキングや下肢の加圧ポンプを用いて肺塞栓症の予防をします。
また、早期離床および積極的な運動も効果がありますので、術後経過に問題がない場合は早めに歩いてトイレに行くようにしましょう。

術後癒着

癒着は手術で傷ついた組織が修復するための「創傷治癒」の一つです。
帝王切開はお腹と子宮を切開する手術ですので、一般の手術と同様に術後の癒着防止対策は大切な処置となります。 癒着が起こると次のような障害が起きることがあります。

  • 下腹部痛などの慢性的愁訴
  • 癒着性の腸閉塞
  • 次に手術を行う時、癒着により手術操作が行いにくくなる
  • 不妊症
反復帝王切開時における癒着のリスク

帝王切開自体は産婦人科では最も一般的な手術の一つですが、2回目以上の帝王切開(反復帝王切開)を行う人は、 お腹の中で癒着が起きている可能性があるため、より細心の注意を払って手術が行われます。
帝王切開の時に癒着があると、赤ちゃんを取りだすスペースをつくるために癒着をはがす操作が必要となります。 これらの手術操作のために、お母さんからの出血量が増えたり、膀胱や腸が傷つくなど、術中・術後の合併症が増える可能性があります。 また、赤ちゃんを取りだすまでの時間がかかり過ぎると、赤ちゃんの状態が悪くなる恐れもあります。 最近では、初回の帝王切開から癒着の防止や軽減を目的に、ヒアルロン酸でできた癒着防止フィルムが使用されており、 再帝王切開時の児娩出時間が短縮されるなど次回帝王切開時の安全性が高くなることが報告されています。

癒着どっとCOM

「癒着」に関する詳しい情報は「癒着どっとCOM」で!

このページの上へ

癒着ってなんですか?

手術を行うと、お腹を閉じた後で本当はくっついてほしくない組織どうしがくっつくことがあり、「癒着」といわれます。
特に症状が無ければ心配する必要はありませんが、腹痛などの症状が出ることもあります。
最近では癒着を予防するために「癒着防止フィルム」を使用するなど様々な処置が行われています。

このページの上へ

麻酔はどうするの?

帝王切開では、麻酔科医の管理のもとで腰椎麻酔や硬膜外麻酔が多く行われています。
いずれも下半身に効いているだけなので、手術中でもお母さんの意識はあり、手術中でも産声を聞けますし、対面することもできます。
なお、状況によっては赤ちゃんを無事出産したのち、お母さんにはお薬で寝てもらうこともあります。

腰椎麻酔(ようついますい)とは?

背骨と背骨の間から細い注射針でクモ膜下腔に麻酔薬を注入し、脊髄からでる神経を一時的にしびれさせる局所麻酔です。
持続時間が短いので、手術が長引く場合は他の麻酔方法を併用します。

硬膜外麻酔(こうまくがいますい)とは?

脊椎の硬膜外腔にカテーテルを挿入し、麻酔薬を注入し神経を一時的にしびれさせる局所麻酔です。
手術中でもカテーテルを介して麻酔薬の投与が可能なため、長時間の手術が可能です。



出血や胎児仮死で緊急帝王切開になるときは全身麻酔を行うことがあります。
お母さんの意識がないため、赤ちゃんとの初対面は麻酔が覚めるまでおあずけとなります。
麻酔の影響で頭痛や吐き気を感じる場合がありますので、気分が悪い時には看護師に伝えてください。
また、個人差もありますが、手術終了後はしばらく麻酔の効果が残るため、下半身に感覚がなく痛みを感じることはありません。 麻酔の効果が切れると傷の痛みや後陣痛などを感じるようになるので、我慢しないで医師や看護師に伝えて処置を受けてください。
まれに手術翌日から1週間の間に頭痛を感じることがありますが、多くはベッド上安静+輸液により時間の経過と共に回復し、後遺症を残すことはありません。 また、赤ちゃんへの麻酔の影響も心配ありません。

このページの上へ

麻酔を使った場合、赤ちゃんへの影響は?

麻酔薬を使用する場合は、専門の麻酔科医が赤ちゃんやお母さんへの影響を考えて麻酔量を計算して投与するため心配いりません。
また、赤ちゃんは麻酔により眠ったまま出てくることがありますが、医師がそれに対応した処置を行いますので心配はいりません。

このページの上へ

麻酔時や手術中の痛みは?

痛みの感じ方は個人差が大きくいろいろですが、麻酔時の痛みはすでに陣痛がある場合はあまり感じない人が多いです。 手術中に麻酔の効きが弱く痛みを感じる場合、それは取り除く必要がありますので、医師や看護師などに伝えてください。

このページの上へ

手術時間はどのくらいですか?

一般的には約1時間です。ただし赤ちゃんやお母さんの状態により手術時間は変わります。
特に、前に手術の既往のある人は、癒着の程度により手術時間が長くなることがあります。

このページの上へ

お腹の切開方法は選べる?

手術の流れの中でも解説しましたが、赤ちゃんを取り出すためにおなかの皮膚を縦か横に10〜12cm切開します。
なお、お腹の大きさが妊娠前と同じに戻ると共に、お腹の傷口も小さくなります。
切開方法については病院や医師の方針、帝王切開の原因、麻酔方法や緊急度により決定されますので、事前に確認(相談)してください。

横切開

最近はコスメティックの観点から、手術跡が下着や水着に隠れるようにヘアラインのすぐ上を横に切る方法も行われています。

縦切開

おへその辺りから恥骨に向かっておなかの中心を縦に切開します。
出血や手術時間が少なく、赤ちゃんが早く取り出せるため緊急な場合は縦に切ります。横に切ったときに比べ、若干傷跡が目立つようです。 以前に帝王切開などでお腹を切開している場合、前の傷跡を切り取るように切開します。

切開方法の図

このページの上へ

帝王切開でも立会出産はできますか?

立会出産が可能かどうかは、病院の方針とお母さんや赤ちゃんの状態によって決まります。
まずは、病院に訊いてみて下さい。

このページの上へ

定期健診では何をするの?

定期健診では、血圧測定、尿検査、血液検査、浮腫の検査、腹囲・子宮底長測定、超音波検査、内診、胎児心拍の確認、体重測定を行います。 また、必要に応じて子宮ガンの検査などをする場合もあります。

このページの上へ

赤ちゃんを出すのに、お腹を押すのは本当ですか?

帝王切開ではお腹の下の方を切りますので、赤ちゃんをスムーズに取り出すためにお母さんのお腹を上から下に押すことがあります。

このページの上へ

子宮筋腫があるといわれたけど、出産に影響はないの?

子宮筋腫の状態にもよりますので、一概には言えませんが、多くは子宮筋腫を合併しない分娩と同じように対応されます。 ただし、筋腫のできている場所によっては帝王切開が必要な場合もあります。
詳しくは担当医師にお尋ねください。

このページの上へ

後陣痛ってなんですか?

後陣痛は、出産後、子宮が収縮するときに感じる痛みです。
帝王切開で出産した場合、陣痛そのものの痛みを経験していないため、この痛みを強く感じる方が多いようです。